様変わりする日本の葬儀と埋葬

ビル

日本の冠婚葬祭は、一昔前までは大規模で高額なものでした。
例えば葬儀は故人と少しでも縁のあった人を招いて大人数で行うものでしたし、儀式後は遺骨をお墓に埋葬することが普通でした。
しかし、少子高齢化や所得格差が要因となって、最近は伝統にとらわれない新しい葬儀や埋葬方法が人気を集めています。
葬儀では火葬のみの直葬や少人数で行う家族葬、短期間で儀式が終了する一日葬が人気です。
これらの葬儀は費用が一般的な葬儀と比べて安く、遺族にかかる負担が少なくてすみます。
直葬の費用は平均すると20万円程度で、200万円前後かかる一般葬と比べるとはるかに安いことが分かります。
葬儀後の埋葬形式にも変化が起きており、こちらも安価で手軽なものが好まれています。
樹木を墓標とする樹木葬や国内外の海に散骨する海洋葬など、墓石を利用しないものが有名です。
これらの特殊な埋葬を実施している会社は少ないので、興味を持った場合は店頭ではなくWEBで検索するといいでしょう。


Menu

最新情報